タブレットガラスコーティングおすすめポイント

タブレットappleiPadアイパッドガラスコーテイング専門店Glationグラシオン

1つ1つを丁寧にコーティング!

当店のタブレットコーテイングサービスは、防弾ガラス技術を応用したナノガラスコーティングを施すサービスです。

硬度が高級強化ガラスフィルム以上になる事から、『塗るガラス』と表現させて頂く事もあります。

タブレットにコーティングを施すことで、画面が割れずらくなるだけでなく、様々な効果を得られます。

タブレットガラスコーテイングの6つのポイント!

最高硬度9H

防弾ガラスの技術を元に、ナノ化されたガラスコーティングはタブレットのガラスの硬度をサファイアガラスと同じ硬度の9Hまで引き上げる事が可能。9Hの硬さがあると、カッターナイフなどの刃物ではほとんど傷が付かない硬さとなります。また、多少の傷であれば液体ガラスが入り込み傷を塞いでくれます。

タッチが滑らか

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですのでタブレットのガラス面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することでガラスをより綺麗な平面にします。そうすることで、通常のガラス面よりも指ざわりの良い滑らかなガラス面になります。また、ガラスが網目状になるため、滑りすぎて落とすことのないような構造になっています。

防指紋効果

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですのでタブレットのガラス面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することでガラスをより綺麗な平面にします。凹凸が少ない為、皮脂などが入りずらく指紋が付きずらくなります。また、指紋がついた際にも簡単に拭き取りやすく、指紋、油汚れに悩まされなくなります。

撥水効果

ガラスコーティングの特徴の1つとして、高い撥水効果があります。iPhone7以上の端末の場合耐水性能が備わっていますが、防水で無い為に水没の危険性がありますが、撥水効果が付く事で水を弾くのでより水没しずらくなります。

画面がクリア

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですのでタブレットのガラス面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することでガラスをより綺麗な平面にします。そうすることで、通常のガラス面よりも屈折が良くよりクリアなガラス面になります。

抗菌効果

ガラスコーティングには、抗菌効果があるとされています。例によると、人体に影響を及ぼす悪性のウイルスの一部にも効くとされている為、小さなお子様に動画を観せる際などにお渡ししている場合には割れを防ぐことも含めてコーティングがオススメです。

ガラスコーティング費用

iPadminiサイズ(7~8インチ)
片面 4,000円~

iPadminiサイズ(7~8インチ)
両面 7,000円~

iPadサイズ(9~10インチ)
片面 5,000円~

iPadサイズ(9~10インチ)
両面 8,000円~

iPadProサイズ(11~12インチ)
片面 6,000円~

iPadProサイズ(11~12インチ)
両面 9,000円~

ガラス+チタンコーティング費用

iPadminiサイズ(7~8インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 片面 6,000円~

iPadminiサイズ(7~8インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 両面 10,000円~

iPadサイズ(9~10インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 片面8,000円~

iPadサイズ(9~10インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 両面 12,500円~

iPadProサイズ(11~12インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 片面 10,000円~

iPadProサイズ(11~12インチ)
抗菌、防臭、電磁波、ブルーライトカット 両面 15,000円~

※ガラスへのガラスコーティングの効果は約2~3年間継続致します。
※施工後、繰り返し重ねて施工することでより高い効果が得られます。
※ガラスコーティングには15分ほどのお時間を頂いております。
※ガラスコーティングは、iPhone以外にもアンドロイド端末や、眼鏡などあらゆるお品物に施工可能です。
※コーティング専門店Glationでは、塗り直しの保証期間は1年間になります。

ガラスコーテイングとは?

iPadを含むsurfaceなどタブレットが毎年高機能化していくことで、端末代金が高額化している傾向にあります。また、高機能化していてもその機能のほとんどを使う方が少なく、機種変更をしなくても十分に使えるようになっています。また、高価になったタブレットも毎日カバンから取り出したり持ち運びする機会が多くどうしても落としてしまうことや汚してしまうトラブルを避ける事は出来ません。
そこで役立つのがこちらのガラスコーティングです。
ガラスコーティングは、特殊な液体ガラスをスマートフォンに施し、硬化させることで業界最薄(約0.003ミリ)のコーティングをします。
ガラスコーティングは施工をしてから約20日ほどで完全に固まり、約硬度9Hの硬さに達します。
スマートフォンの表面は強化ガラスに守られた状態になり、画面が割れずらくなったり、傷が付きにくくなる効果を発揮します。
その他にも、撥水するようになるや、汚れが付きずらくなるなど様々です。
ガラスコーティングの施工時間も約5分~15分と短く、一度施工をしてしまうと2~3年以上もちますので、長くご利用頂く事も可能です。
(※14年ほど持つとも言われていますが、GLATION(グラシオン)では1年を保証期間とさせて頂いております。)
また、こちらのガラスコーティングに使用する液体ガラス技術は、高い硬化性能や撥水性能がある事からもスポーツカーで有名なF社や日本の誇るS幹線の外装などの公認の素材として認められているようです。

チタンコーティングとは?

コーティング専門店Glationのチタンコーティングとは、二酸化チタンのコーテイングの事をさします。二酸化チタンには、ブルーライトカット効果、電磁波カット、抗菌、防臭効果があります。二酸化チタンコーティングで抗菌、防臭できる理由!二酸化チタンは、光触媒で酸化することができます。これは、チタンコーテイング済みのものを蛍光灯や太陽光にあてるだけで、表面が酸化しウイルスや菌の元である有機物を二酸化炭素と水に分解する事を意味します。つまりその作用により、光にあてているだけで、抗菌と防臭ができる優れものなのです。また、チタンコーテイングには茶色っぽい着色があり、ブルーライトの可視光線をカットすることが確認できています。ちょうどUVカットの眼鏡のような色のイメージです。さらに、二酸化チタンには、電磁シールドとして電磁波カットの効果もあります。チタンコーテイングで電磁波カットができる理由!

保護ガラスフィルムと何が違うの?

保護強化ガラスの場合、店頭で販売されている多くの最高硬度の強化ガラスで『9H』とされています。9Hの硬度があれば十分に割れずらく、iPhoneの落下時に液晶を守ってくれる可能性は十分にあります。
その反面、どの強化ガラスが良いのかは一般のユーザーにはわかりずらく、また角までを覆わない液晶部分だけを守るタイプのガラスフィルムが多く販売されています。しかし、実際にiPhoneを落として画面を割ってしまう場合には画面の角から落とすことが多いためにガラスフィルムと関係の無い部分に衝撃が加わります。
それでは、いくら高いガラスフィルムを貼ったとしても安全だとは言えません。
グラシオンでオススメしています全面ガラスフィルムの場合、角までしっかりカバーしますが、強化ガラスフィルムの場合どうしても厚みが出来てしまいiPhone本来のスマートさを少し損なうのでユーザーによっては好んで貼りたく無いと思われる方も多いようです。
ガラスコーティングの場合、一度施工をしてしまえば、コーティング自体は2~3年以上持つとされていますし、ガラスフィルムが剥がれてしまう問題が無くなります。それに加え、見た目では全く分からないナノ単位の施工ですのでiPhone本来のスマートさを損ないません。
硬度は現在販売されている最高硬度の9Hと同じ硬さまで上がり、ガラスフィルムを貼っている状態の約3倍の硬さ、それに加えてしっかりと角ギリギリまでの施工を致します。
見た目上ではわかりずらいので、コーティングよりもガラスフィルムが良いと思われるユーザーも多いですが、より長く大切に使いたいと思われるユーザー様には、こちらのガラスコーティングをオススメ致します。また強度はガラスフィルムより多少硬くなります。

メニューの『両面』って意味あるの?

最新のiPhoneやandroidなどのスマホは、置くだけで充電が可能な接触充電が搭載されている為に背面部分がガラスになっています。背面部分がガラスになった事でこれまで割れる可能性があったのは表面だけでしたが、裏面も割れるようになってしまいました。
また、各機種の裏面には現在問題点があり表面と違いカメラなどの凹凸があることです。
凹凸がある事で落とした時にその部分に力が集中してしまいそこから大きく背面のガラスが割れてしまうトラブルが急増しています。
そこで、ガラスコーティングを行う事で背面も強くすることが可能です。また、割れてしまった背面部分に施工をすることで、ひび割れた背面を強化することも可能です。
iPhoneに関しては背面ガラスにシリアル番号がはいっているため、町の修理屋さんでの修理ができません。また、メーカーに出したとしても本体交換になるため、時間も手間もかかります。そうならないためにも、是正対策としてガラスコーティングをお勧めいたします。

市販や他店のガラスコーティングと何が違うの?

GLATION(グラシオン)で使用していますガラスコーティング剤は、高級スポーツカーとして世界的に有名なF社や、国内某大手キャリアが店頭で販売を開始し始めたコーティング剤と同じモノを使用しています。また、最近ではS幹線の外装でも使用されているものも仕入れ可能なため、市場でいいものをお客様に届けるのをもっとうにガラスコーテイングを施工させていただきます。
もちろん、大手企業が採用したコーティング剤だから安易に良いという訳ではありませんが、市販されているコーティング剤よりも信用できることに間違いは無いかと思います。
また、世界中のガラスコーテイングメーカーからお客様の用途に合わせたコーテイング材の選定が可能です。中には、知識豊富なお客様の中にはメーカー指定されてくるお客様もおります。
また、GLATION(グラシオン)では通常1度しか行わないコーティング施工作業を、より高い品質でお渡し出来るように1度の施工で3回、3重のコーティングを致しております。
3重のコーティングを行う事で、他店よりも質の良い、より強力な状態を維持できると考えています。

ワイヤレス充電が出来なくなりませんか?

iPhoneXなど、現在の最新モデルのスマホですと背面がガラスになっていますので、背面のガラスコーティングも大変人気です。
そこで気になるのが背面を施工した場合、ワイヤレス充電を使用されている方であればそれが使えなくなってしまわないか?や充電しずらくならないか?といったことだと思います。

グラシオンのガラスコーティングは、背面のガラス強度は上がりますがワイヤレス充電に影響を与えることなくご安心して充電頂くことが可能です。

お財布携帯、APPLEPAYなどは影響ありませんか?

当社のナノガラスコーティングはナノサイズのガラスを塗るため、iPhone8、8plus、X、XS、XR、XSMAXなど背面がガラスの機種のガラスを分厚くするイメージですので全く影響はありません。電波にも影響を与えませんので心配していただく必要はありません。

よく9Hや10Hという鉛筆硬度をみますがそれってなんですか?

9Hとは鉛筆硬度のことをいいます。JIS規格の一種で鉛筆で引っかいた際の耐久試験のことをさします。JISでの規格は9Hまでしかないため、法人受注メインのコーティング専門店Glationでは最大値の9Hという表現をさせて頂いております。独自の評価で10Hとうたっているガラスフィルム販売会社様やガラスコーテイング販売会社様もいますが、JIS規格にはない規格になります。日本で10Hの鉛筆をつくられている会社さんは三菱鉛筆様のみで、アメリカでは11Hの鉛筆が存在するそうですが、JISの規格で定められてない以上鉛筆メーカー様によって同じ10Hでも硬さが違います。そのため、試験データで10H対応や11H対応とうたっても独自基準の硬さのため、鉛筆メーカー様によって硬さが違う鉛筆になるので同じ基準で硬さを図ることができません。そのため、コーティング専門店のGlationではモース硬度という鉱物の硬さを図る硬度を使うことが頻繁にあります。モース硬度でいうとコーティング専門店Glationのガラスコーテイングはモース硬度で7の硬さまで硬くなるため他社で9Hや10Hと表現されているものでも鉄球落下試験を行うとGlationのガラスコーテイングのほうが傷がつきにくいのです。鉛筆硬度、モース硬度についての詳しい説明は下記コラムを参考にしてください。
9Hってなに?鉛筆硬度とモース硬度について

非対応の機種やメーカー、コーティングできない素材はありますか?

無色透明なナノガラスをコーティングしますので、どんな機種でも対応可能です。また、ゴム以外の素材であれば色を選ばす対応可能です。

APPLEアップル:iPadminiアイパッドミニ、iPadProアイパッドプロ、iPadAirアイパッドエアー
HUAWEIファーウェイ:MediaPadメディアパッドT5、M5、M3、T3
Microsoftマイクロソフト:Surface サーフェイスPro 6、GO、BOOK
ASUSエーサス:TransBook R105HA、T101HA T101HA-G128、TransBook Mini T103HAF、ASUS ZenPad 10 Z300M