スマートフォン(スマホ)が 割れる原因と対策

スマートフォン(スマホ)が割れる原因と対策

スマホが登場する度にガラスの強度は上がっている。技術の進歩とともにガラスの強度もあがっているのになぜわれてしまうのだろうか。

理由は、強度がますと設計の段階でガラスが薄くなっていくので、それにともなって薄いほどわれやすくなる。
そのため、強度がそこまで変わってないように感じてしまうそうです。
また、スマホを落とした際に傷ができると、次回落としたときに急激に割れやすくなる
つまり、累積で傷が蓄積していくとその傷が原因でどんどん割れやすくなるのです。

スマートフォンは、2度以上落とすと割れやすくなる

スマートフォンは一度目の落下や衝撃ではまず割れない。ただ、一定の条件を満たすと簡単に割れてしまいます。
その原因はスマートフォンのガラスにつく傷です。
例えば、木の板を曲げてもなかなか割れないが、のこぎりで切れ目を入れておくと簡単に割れる。ガラスも似たようなもので、表面に傷があると割れやすくなります。

固いと思えるガラスでも、傷はつく。金属にこすれるなどして、目に見えない傷が結構付いています。
最も危険なのが、落とすこと。最初に落として割れなくても、ガラスには目に見えない傷やひびが入っている。その上でもう一度落とすと簡単に割れてしまいます。

よくワイングラスなど洗っていて少し握っただけで割れてしまうことがあると思いますが、これも原因は傷なのです。

すでに傷がついてしまったスマートフォンのガラスはどのように対策すればいいのか?

そういうときの予防策としてガラスコーティングを行うことがお勧めです。
ガラスを塗ることですでにある傷を埋めることができ、また硬いガラスの膜を表面に覆うことで傷の防止を行うことができます。
また、落としてしまった、傷をつけてしまったときに再度塗ることで傷の修復と表面の硬度(硬さ)の強化が可能です。

実際に図が、ガラスコーテイングを塗るときと塗らないときでどれぐらい割れにくさに差があるか試験したものになります。
下記は日本特殊コート協会が試験している動画になります。