ロードバイク(自転車)コーテイングおすすめポイント

1つ1つを丁寧にコーティング!

当店のガラスコーテイングサービスは、防弾ガラス技術を応用したナノガラスコーティングを施すサービスです。

硬度が高級強化ガラスフィルムの3倍以上になる事から、『塗るガラス』と表現させて頂く事もあります。

コーティングを施すことで、美化、保護、再生ができ、傷、錆を予防できるだけではなく様々な効果を得られます。

ロードバイクガラスコーテイングの6つのポイント!

耐久性

屋外に駐車している車両で14年間被膜保持し、過酷な環境下でも被膜を保持し続けます。フレームの表面にガラス状に被膜を作るため、塗装に傷がついたりすることを防げるのが1番のメリットです。また、ワックスと違って個体として表面に付着するため、雨などの水分によって流れてしまうこともありません。

軽量施工

ガラスコーティングの被膜厚さは約0.03ミリメートル以下のごく薄い厚さです。塗布によって増える重量はロードバイク全体にコーティングを施したとしても1グラムもかわらず施工が可能です。

サビ防止(酸化防止)

屋外で使っているロードバイクのカーボンやチタンのフレームは雨などですぐに錆びてきてしまいますよね。ナノガラスは施工前は液体状のガラスですのでロードバイクの金属面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することで表面をガラス化します。そうすることで、ロードバイクフレームが酸素、水分と直接触れることがなくなり、サビ防止が可能となります。

光沢UP

ナノガラスは、ロードバイクの金属面にある目に見えない小さな凹凸隙間に液体状に入り込みます。そのため、表面の凹凸が限りなくなくなることで、光沢感が増します。

キズ防止

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですのでロードバイクの金属面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することでロードバイクをより綺麗な平面にします。そうすることで、通常のロードバイクよりもツルツルのガラス面になります。

撥水効果

ガラスコーティングの特徴の1つとして、高い撥水効果があります。金属部に水滴が付着する時間を最短にすることでサビ、変色防止につながります。 

ガラスコーティング費用

フレーム 15,000円~
全体   25,000円~

チタン+ガラスコーティング費用

フレーム 円
全体   円
※ガラスコーティングの効果は約1年間継続致します。
※施工後、繰り返し重ねて施工することでより高い効果が得られます。
※ガラスコーティングには半日ほどのお時間を頂いております。
※ガラスコーティングは、名刺ケース、財布、鞄や、靴などあらゆるお品物に施工可能です。
※必ずパッチテストを実施させていただいております。

ガラスコーテイングとは?

イタリア、アメリカ。カナダなどロードバイクは各メーカーによっても金額がさまざま安価だと5万円~、高額はものだと70万近くするものも。フレームだけでもキズが付いたら落ち込みますよね。
そこで役立つのがこちらのガラスコーティングです。
ガラスコーティングは、特殊な液体ガラスをロードバイクフレームに施し、硬化させることで業界最薄(約0.03ミリ)のコーティングをします。
ガラスコーティングは施工をしてから約20日ほどで完全に固まり、約硬度9Hの硬さに達し表面をガラス化します。
ロードバイク表面は強化ガラスに守られた状態になり、ロードバイクのフレームが耐久性に優れ、傷が付きにくくなる効果を発揮します。
その他にも、変色やサビ防止など様々です。
ガラスコーティングは一度施工をしてしまうと1年以上もちますので、長くご利用頂く事も可能です。
(※14年ほど持つとも言われていますが、GLATION(グラシオン)では1年を保証期間とさせて頂いております。)
また、こちらのガラスコーティングに使用する液体ガラス技術は、高い硬化性能や撥水性能がある事からもスポーツカーで有名なF社や日本の誇るS幹線の外装などの公認の素材として認められているようです。

もともとキズが入っていても大丈夫?

汚れたロードバイクには多くの場合、皮脂や汗と共に硬いホコリや異物が付着しており、乾いた布で拭くとコーティングの表面で引きずられ、被膜をキズつけてしまいます。
当店でガラスコーティングを施工すると、今ある傷をナノ単位で埋めることが可能なため、細かなキズは目立たなくなります。
またGLATION(グラシオン)で使用していますガラスコーティング剤は、高級スポーツカーとして世界的に有名なF社や、国内某大手キャリアが店頭で販売を開始し始めたコーティング剤と同じモノを使用しています。
その溶剤には、強い撥水性、親水性が備わっているため、軽く水洗いするだけで油汚れをも浮きあがらせ、ロードバイクをキズつけることなく、普段から洗車が可能になります。

ワックスとの違いについて

ワックスの特徴として、持続時間は1カ月程度で落ちてしまう。
"ワックスはキズをつけないように保護するという役割は出来ません。
雨によって汚れやすいですし、油分により余計に汚れることもあることもあります。結局は1ヵ月程度で直ぐに落ちてしまう
鉄粉が付着しやすく、シミが出来やすい。そして最大の欠点は塗装面を保護する効果は殆どないということです。"
「ワックス」と言われている物に使われる素材というのは、ヤシの葉から採れた植物性の樹脂「天然カルナバ蝋」でツヤを出して作られています。
ワックス自体は溶剤をペースにした油性なので水を弾いて汚れを防ぐ性質があります。有機溶剤が揮発により、皮膜の低下が起こります。
そのためマメな塗りなおしが必要となります

JIS公認の試験データ

耐衝撃試験/デュポン式(JIS採用): 鉄板に本製品を塗布し、500グラムのおもりを50㎝からの落下させるテストにて、「衝撃による変形で、割れ・はがれができない」という素晴らしい結果を取得しております。
鉛筆硬度試験(JIS採用): 塗装皮膜の硬さを測定し、塗膜が規定の硬度を有するかを確認する試験です。
本製品は、施工後に硬度4Hとなりますが、約20〜30日後に硬度9Hになります(撥水性→親水性)←9Hが最硬度 ※ちなみに、焼付セラミック樹脂塗装は7Hですので、それよりも硬度が高いという結果です。
電子顕微鏡試験 : 溶剤を1回塗布し水触媒させると、ガラス被膜がなんと6層になります。 そして、施工回数を3回行いますと、6層×3回=ガラス被膜が18層になります。←4回5回の施工でも可能
実験データがここまであると使用するときにとても安心ですよね
グラシオンではガラスコーティングの効果を1年保証しています。
時間がない、忙しい、普段クリーニングやメンテナンスできないかたは是非ご利用ください。