革製品が色落ち色移りする原因と対策

◆革製品が色落ち色移りする理由

まず前提として革製品は色落ちするものという概念です。

色落ちの原因としては2つあって、一つが革に含まれる染料や顔料が他の繊維素材や革に移る場合、もうひとつは染色革の細かい繊維粉末の付着が考えられるようです。

一つ目は一般的な革製品の色落ちで、革ち染料・顔料の結合が弱いために他の繊維などを汚してしまう場合です。

二つ目はスエードやヌバックの起毛処理によって生じるバフ粉が最終まで残ってしまった場合です。

みなさんがお悩みの色落ちは一つ目の一般的な色落ちが悩みだと思います。

では、そもそも原因の【革の染料・顔料の結合が弱い】というものは防げないのだろうか。

◆革ジャン超撥水コート施工試験動画

◆革製品自体の色落ちは防げるか

色々調べたところ下記の理由で色落ちしない革【高染色堅ろう性革】を作るのは難しいようです。

低温染色(高温染色すれば定着がよくなるが、革は耐熱性が低く、風合いが損なわれる)
皮の断面を染める高拡散性の酸性染料を使用するため、汗や雨で溶出されやすい
染色後に多量の加脂剤(柔軟効果を与えるもの)を加えるため、革と染料との結合性が一層弱くなる

その他、「高pHを必要とする現状の反応性染料は革基質を損傷するため使用が限定されている」という状況もあるようです。
色落ちしないように表面を加工して完全に色止めをすればよいのでしょうが、それでは革製品の良さが失われてしまうので表裏一体といったところでしょうか。

◆色落ちを防ぐ方法

とにかく、雨や汗に触れない状態で使用することが好ましいです。
雨の日に革製品の使用は避けた方がいいでしょう。
晴れの日でも折り畳み傘は忘れないようにしましょう。
また春先から夏にかけて汗が多くなります。
革製品を身体に直接触れないようにすることはもちろん、
白やベージュ等の薄色の服を着る場合、革製品を身体に強く押しつけるような状況がないようにした方がいいでしょう。
私は黒革のショルダーバッグを斜め掛けにして歩いていたところ、革と擦れた部分が黒ずんだことがあるので、革製品が常に体に接触する状態を避け、ときどき持ち替える・肘にかける・手で持つといったことをお勧めします。
あとはできるだけ撥水状態を維持するようにします。具体的には防水スプレーや専用のワックスがけを行うことです。

◆それでも革製品を雨、汗を気にせず使われたい方は

Glation超撥水コートでは、雨、汗を気にすることなく革製品を使用することができます。
表面に特殊なコートを施すことにより、水分の接触を防ぐため、
色落ちの原因になる酸性雨、アルコール、汗、汚れを超撥水で弾いてよせつけません。
また、一般家庭用の防水スプレーとは違い1年間効果が持続します。
洗濯の頻度によってはもう少し長持ちすることもあります。