電磁波5G導入が与える健康被害…危険性の原因と対策法

★5Gとは

5Gとは第5世代無線通信システムです。5Gの導入により超高速で大容量の通信が可能になります。約2時間の映画を、わずか3秒でスマートフォンに取り込めるようになります。5G導入の先陣を切るのがソフトバンクで2019年12月からスタート。2020年の提供開始を目指しているのがドコモとauです。さまざまなモノがネットにつながる[IoT]化がさらに加速していくでしょう。
例えば、ロボット等の精緻な操作をリアルタイム通信で実現・スマホ、PCをはじめ、身の回りのあらゆる機器がネットに接続できるようになり、自動車自動運転化や4K/8Kの導入が可能になります。

IoTの基盤技術として期待される5Gですが、極めて電磁波のエネルギーが高くアメリカやヨーロッパ諸国では5G導入に懸念の動きがでてきています。
電磁波は、周波数が高くなるほど、直進性が強くなり、エネルギーも高くなります。そして金属などの障害物に当たると反射する性質があります。そのために電波等の影になる鉄筋の建物の中には電波が入りにくいです。そこで電磁波に低周波電波を混ぜる、「加工」がほどこします。低周波は直進性が弱く、障害物を迂回する性質があります。こうして異なる性質の電波を混ぜることで、強力なエネルギーを持ち、どこでも使用できる5G回線を作っているのです。当然ながら、異なる性質を混合させた5G回線は自然界には存在しません。人体に影響が出始めるのは無理はありません。

★人体への影響

アメリカでは、5G電波等の近くに基地をかまえる消防士たちが頭痛や不眠、記憶障害と意識障害を訴えるようになりました。
その消防士たちは、近くに電波等のない別の基地に異動した途端、すっかり症状が治まったのです。
他にも、脳腫瘍や白血病のリスクが懸念されています。5Gの電波のマイクロ波により人体の制御が可能になります。
さらに子どもは成人に比べて2倍以上、携帯電話が発するエネルギーが脳に影響を及ぼすという報告があります。
そのため、欧州では待ったの声も多くあり、ベルギーは「国民はモルモットではない」と5G導入を先送りにしました。
日本は、5Gのメリットばかり報道し、5G導入に積極的であるため、自身の身は自分で守らなければなりません。

★電磁波の健康被害防止法

カリフォルニア州公衆衛生局によるガイドラインではかなり具体的に電磁波の防止法が挙げられています。
以下に紹介します。
・携帯電話をできるだけ体から離す。1m離すだけでも効果的。
・通話の際は携帯電話を頭に近づけことを避け、スピーカーフォンやヘッドセットを利用する。
・携帯電話はポケットではなく鞄に仕舞う。使用しない際は機内モードに設定する。
・夜寝るとき、枕元に電源の入った携帯電話を置かない。機内モードにするか、べッドから数フィート以上離れた場所に置くこと。
・高速移動する車やバス、電車に乗っている時は高周波エネルギーが多く発生しているため、使用を避ける。

無意識にとっている行動でも、広範囲に渡って高周波エネルギーの影響を受けてしまう点にも触れられています。

 

★もっと簡単に電磁波対策するには?

電磁波をカットする方法はいろいろあります。先ほど申し上げた電磁波回避方法はその場しのぎにすぎません。効率よく電磁波カットするならチタンガラスコーティングをお勧め。
チタン含有のガラスコーティングを1層塗るだけで電磁波カット効果ができます。

 

私たちの体は電気で動いています。

脳波、皮膚電流で信号を送っています。体の電流が異常を来すとありとあらゆる病気が発生します。
チタンガラスコーティングによる電磁波シールド技術により、コーティング部に触れながら通話をすると電磁波が体内部に入らず地上へアースを取った時と同じように逃げ、人体への電磁波影響を受け付けません。

 

電磁波は発信点と終着点で最も強くなります。携帯・タブレットはもちろんですが、今はやりのBluetoothイヤホン(ブルートゥース)。

あれ、、とっても危ないです。携帯をポケットにいれ、直接耳に差し込んで使用するので、電磁波を大量に浴びてしまいます。

親水性のあるガラスコーティング剤は携帯電話では特に普段から持ち歩くため様々な環境化でも使わなければいけないことも、コーティング剤には超耐久性、親水性、多様性、の効果があり様々な場所に使っていただけます。

身近で使っているものこそ、チタンガラスコーティングをして電磁波カットすることがオススメです。