腕時計にガラスコーティング

こんにちはグラシオン東京亀戸店です。

ガラスコーテイングとは?

“ロレックスや、オメガ等の高級時計の日ごろから画面の汚れや傷などで尽きない時計の悩み・・・何百万かかる高価な時計や
思い入れが深い時計ほど永く綺麗に大切に使用したいところですが、これまで時計を専門に保護する手段がありませんでした。”
そこで役立つのがこちらのガラスコーティングです。
ガラスコーティングは、特殊な液体ガラスを腕時計に施し、硬化させることで業界最薄(約0.03ミリ)のコーティングをします。
ガラスコーティングは施工をしてから約20日ほどで完全に固まり、約硬度9Hの硬さに達し表面をガラス化します。
腕時計表面は強化ガラスに守られた状態になり、腕時計が割れずらくなったり、傷が付きにくくなる効果を発揮します。
その他にも、変色・サビ防止や金属アレルギー防止など様々です。
ガラスコーティングの施工時間も約5分~15分と短く、一度施工をしてしまうと1年以上もちますので、長くご利用頂く事も可能です。

チタンコーティングとは?

コーティング専門店Glationのチタンコーティングとは、二酸化チタンのコーテイングの事をさします。二酸化チタンには、ブルーライトカット効果、電磁波カット、抗菌、防臭効果があります。二酸化チタンコーティングで抗菌、防臭できる理由!二酸化チタンは、光触媒で酸化することができます。これは、チタンコーテイング済みのものを蛍光灯や太陽光にあてるだけで、表面が酸化しウイルスや菌の元である有機物を二酸化炭素と水に分解する事を意味します。つまりその作用により、光にあてているだけで、抗菌と防臭ができる優れものなのです。また、チタンコーテイングには茶色っぽい着色があり、ブルーライトの可視光線をカットすることが確認できています。ちょうどUVカットの眼鏡のような色のイメージです。さらに、二酸化チタンには、電磁シールドとして電磁波カットの効果もあります。チタンコーテイングで電磁波カットができる理由!

今回は腕時計へのオススメポイントをご紹介いたします。

1サビ防止(酸化防止)

腕時計が黒ずんできたり、錆びてしまったという経験はありませんか。表面に汗、結露や雨水の付着などによって、金属は錆びてしまいます。金、プラチナ、シルバーは錆びにくいと言われていますが人の汗の成分でも若干異なり、一概に錆びないとは言えません。ナノガラスは施工前は液体状のガラスですので腕時計の金属面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することで表面をガラス化します。そうすることで、腕時計本体が酸素、水分と直接触れることがなくなり、サビ防止が可能となります。

2光沢UP

ナノガラスは、腕時計の金属面にある目に見えない小さな凹凸隙間に液体状に入り込みます。そのため、表面の凹凸が限りなくなくなることで、光沢感が増します。

3金属アレルギー防止・軽減

ナノガラス含むガラスコーティングは、腕時計の金属面にある目に見えない小さな凹凸隙間に液体状に入り込みます。そのため、金属部が直接肌に触れることがなくなり、金属アレルギーのかたも腕時計をお楽しみいただくことが可能になります。アレルギー反応は抗体の過剰によって炎症を起こしますが、人によってアレルゲン(金属)に対する許容量が異なります。現在金属アレルギーをお持ちでない方も、金属アレルギー対策がオススメです。

4最高硬度9H

防弾ガラスの技術を元に、ナノ化されたガラスコーティングは腕時計の硬度をサファイアガラスと同じ硬度の9Hまで引き上げる事が可能。9Hの硬さがあると、カッターナイフなどの刃物ではほとんど傷が付かない硬さとなります。また、多少の傷であれば液体ガラスが入り込み傷を塞いでくれます。

5防指紋効果

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですので腕時計の金属面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することで金属をより綺麗なガラス平面にします。凹凸が少ない為、皮脂などが入りずらく指紋が付きずらくなります。また、指紋がついた際にも簡単に拭き取りやすく、指紋、油汚れに悩まされなくなります。

6キズ防止

ナノガラスは施工前は液体状のガラスですので腕時計の金属面にある目に見えない小さな凹凸に入っていき、硬化することで腕時計をより綺麗な平面にします。そうすることで、通常の腕時計よりも指ざわりの良い滑らかなガラス面になります。

7抗菌効果

ガラスコーティングには、抗菌効果があります。例によると、人体に影響を及ぼす悪性のウイルスの一部の滅菌・殺菌が可能であるとされている為、ネックレス・指輪等へウイルスが付着し感染原となることを防ぎます。

時計の鑑定士は査定時にキズの有無、キズの箇所、キズの状態をチェックするとともに、リューズ、文字盤、ベルトの状態も調べます。コーティングすると、傷がつきにくくなるので、中古時計を売る際にも値段が高くつく可能性もあります。

もともとキズが入っていても大丈夫?

汚れた腕時計には多くの場合、皮脂や汗と共に硬いホコリや異物が付着しており、乾いた布で拭くとコーティングの表面で引きずられ、被膜をキズつけてしまいます。
当店でガラスコーティングを施工すると、今ある傷をナノ単位で埋めることが可能なため、細かなキズは目立たなくなります。
またGLATION(グラシオン)で使用していますガラスコーティング剤は、高級スポーツカーとして世界的に有名なF社や、国内某大手キャリアが店頭で販売を開始し始めたコーティング剤と同じモノを使用しています。
その溶剤には、強い撥水性、親水性が備わっているため、軽く水洗いするだけで油汚れをも浮きあがらせ、腕時計をキズつけることなく、普段が洗浄が可能になります。

ベルト部分も施工できるの?

腕腕時計へのガラスコーティングはベルト部分への施工も可能です。ガラスコーティングはゴム以外の樹脂には施工可能です。
ゴムは伸縮性があるためガラスの組織がその場へ吸着できないため施工が困難になります。
ガラスコーティングは革へも施工可能。革のベルト部分へもコーティングできます。溶剤には、強い撥水性があるため汗などの水分もはじくことができベルトも清潔に保つことができまます。
“コーティングすると、傷がつきにくくなるので、
売る際にも値段が高くつく可能性もあります。”
ガラスコーティングをすることによって腕時計の保護・美化・再生を実現することができます。

 

 

 

グラシオン東京亀戸店

東京都江東区亀戸1-35-6 菅山ビル3階

電話番号03-3637-1188
営業時間:8:00~17:00