話題の『アルカリ電解水』の除菌効果

アルカリ電解水は掃除に重宝するアイテムのひとつ。
アルカリ電解水の除菌効果や効果的な使い方、使用するにあたっての注意点など基礎知識をまとめました!

アルカリ電解水とは

アルカリ電解水は100%水由来の洗浄液です。単なる水道水でそこまでの除菌効果は期待できないが、アルカリ電解水は普通の水道水とは性質が大きく異なり、その違いが除菌作用を生み出しています。

水を電解させて作る

アルカリ電解水は、水を電解(電気分解)させて作り出します。水道水や食塩水などを電気分解すると「アルカリ性」「酸性」に分かれるのですが、そのうちアルカリ性の性質を持つ水のみを抽出したものが、アルカリ電解水です。

・pH6未満:酸性(微酸性)
手の消毒・殺菌に適している
・pH6~8:中性
・pH8以上:アルカリ性
清掃などでドアノブや手すり、スイッチなど複数の人が触れるところでの殺菌に適している。

アルカリ電解水の効果

【優れた除菌効果~アルコールの上位互換代用品として~】

大腸菌・緑膿菌・サルモネラ菌・腸炎ビブリオ菌を30秒で
除菌できます。また、消臭効果もあります。
また、ノロウイルス、インフルエンザにも効果があるといわれており
テレビでも特集され注目されています。

グラシオンで扱っているアルカリ電解水は高アルカリ性で、水道水で希釈してもpH濃度が落ちにくい! 用途に応じて希釈してご使用いただけます。つまり、アルコールより安価に使用することが可能です。

↓7Days 電解水コロナウイルスに効果ありアルコールよりも効果あり

↓yahoo!でも紹介されました
https://article.yahoo.co.jp/detail/4eb8cbc9c1280d91c73327a48c7270111c684e7c

 

【汚れ落とし】
たとえば油汚れは酸性なので、反対の性質を持つアルカリ電解水を使うことで効率よく中和され、落としやすくなります。油汚れ以外にも垢、皮脂などご家庭の汚れの多くは酸性なので、アルカリ電解水が掃除に重宝されるのです。

 

【アルカリ性ならではの特長】

酸性ではなくアルカリ性! 金属に対して使用しても錆びにくい(アルカリ性と対極の酸性の水は錆のもと)です。
※アルカリに反応する金属(アルミ・真鍮・銅など)には、使用できません。(変色します。)

 

 

アルカリ電解水を使って除菌をしよう!

マスクの除菌に

一時的な外出から戻った際、あるいは電車に乗ったあとなどに雑菌やウイルスが気になったときは、表面にアルカリ電解水をスプレーして自然乾燥させましょう。電気分解でアルカリ性にしている「水」なので、手で触れても問題ありません。また、泡もたたないため環境にもやさしく、無色無臭で使いやすいです。

家中の掃除、除菌に

マルチクリーナーとして便利! これ一本も汚れも落ち、消毒もできるため、従来まで洗剤とアルコール消毒剤の両方が必要だった清掃がこれ一つで済むように。こちらは用途に応じて希釈して使える分、さらに経済的です。IHプレートやテーブル、まな板などは、全体にまんべんなくアルカリ電解水をスプレーしたり、布に含ませて拭き掃除、子どものおもちゃの除菌にもうってつけです。

 

アルカリ電解水には、ただ酸性の汚れを落とすだけでなく除菌効果も期待できます。アルコールが苦手とするノンエンベロープウイルスなどにも効果的です。上手に使い分けて雑菌やウイルスの増殖を防ぎましょう!